[1950MHz電磁界はアルツハイマー病マウスにおけるアミロイドベータ病変を改善する] med./bio.

1950 MHz Electromagnetic Fields Ameliorate Abeta Pathology in Alzheimer's Disease Mice.

掲載誌: Curr Alzheimer Res 2015; 12 (5): 481-492

この研究は、アルツハイマー病(AD)様のアミロイドベータ(Aβ)病変の実験モデルとしてトランスジェニック(Tg)-5xFADマウスを用いて、無線周波電磁界RF-EMF)がイン・ビボでADの病変に影響するか否かを調べた。Tg-5xFADマウスおよび野生種マウス(WT)に、RF-EMFの8ヵ月間の慢性ばく露を与えた(1950MHz, SAR 5W/kg, 2時間/日, 5日/週)。その結果、RF-EMFの慢性ばく露を受けたTg-5xFADマウスでは、海馬および嗅内皮質を含む全脳においてAβプラーク、アミロイド前駆体タンパク(APP)、そのカルボニル-末端フラグメント(CTFs)の減少が有意であったばかりでなく、海馬でのペプチドAβ42とAβ40の比率も減少するなど、アミロイドベータ病変を改善する影響が見られたと報告している。

ばく露

研究助成

関連論文