研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (実際的研究)

[電磁界と健康に関するコミュニケーションの改善における重要な点:メンタルモデルによるアプローチ] risk

Focal points for improving communications about electromagnetic fields and health: a mental models approach.

掲載誌: J Risk Res 2016; 19 (2): 246-269

この研究は、オランダの「電磁界健康に関する研究プログラム」)の一環として委託された研究プロジェクトであり、人々の考えや信念にメンタルモデルアプローチで対処することにより、総体としてのオランダのEMF情報提供ニーズを評価した。具体的には、ばく露に影響する因子およびばく露による結果に関するエキスパートモデルを、さまざまな専門分野の科学者15人とのインタビューに基づき形成した;ばく露の物理的特性および心理的問題について、専門家は皆、同様の説明をするが、潜在的健康影響に関するコンセンサスはなかった;オランダの一般公衆調査(n = 403)からフォローされた一般人12人とのインタビューでは、EMFの潜在的健康影響に関する信念の幅広さ、個人的発生源に比べて公的発生源からの放射量を過大評価することが明らかになった;EMFリスクコミュニケーション改善に有効な3点は、健康影響の証拠の不確かさに関してもっと明確に話すこと、日常生活での個人EMFばく露をはっきりさせること、政策の情報へのアクセスの良さと透明化を図ることである、と報告している。

リスクコミュニケーション

リスク認知

影響評価項目

ばく露

調査対象集団

15 experts and 12 lay people took part in a survey in the Netherlands.