[中国南西部における、近位大腿骨の骨密度を主な評価項目とした、閉経後骨粗鬆症および随伴する腰椎変形性関節症に対するパルス電磁界療法:無作為化対照試験のための調査プロトコル] med. app.

Pulsed electromagnetic fields for postmenopausal osteoporosis and concomitant lumbar osteoarthritis in southwest China using proximal femur bone mineral density as the primary endpoint: study protocol for a randomized controlled trial.

掲載誌: Trials 2015; 16: 265

この論文は、閉経後骨粗鬆症(PMO)の患者(n=50;50-70歳;閉経後5年以上経過。近位大腿骨のTスコアで骨粗鬆症(OP)と診断され、かつ腰椎変形性関節症(OA)を随伴する。交絡可能性のある疾患糖尿病、高血圧、高脂血症、骨折の前歴など)のある人は除外)を集め、パルス電磁界(PEMFs)療法群と擬似PEMFs群に無作為に分け(各n=25)、PEMFs処置終了から5週間、3ヵ月、6ヵ月後に、近位大腿骨骨密度を主な評価項目としたPEMFs有効性の評価を実施する無作為化対照試験の調査計画を述べている。

ばく露