研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[特定の強度の直流(DC)電界は神経幹細胞の遊走を改善し、ベータIIIチューブリン+ニューロンへの分化を増強する] med./bio.

Specific Intensity Direct Current (DC) Electric Field Improves Neural Stem Cell Migration and Enhances Differentiation towards betaIII-Tubulin+ Neurons.

掲載誌: PLoS One 2015; 10 (6): e0129625-1-e0129625-21

この研究は、有効な幹細胞治療のために必須である幹細胞の遊走および分化の制御について検討した。電界を用いた遊走および分化の制御について報告が増えてきたが、遊走を引き起こす電界分化誘導する能力があるか否か、またそのプロセスのメカニズムは不明である。この論文では、115V/mの直流電界により神経前駆体細胞(NPCs)に方向性のある遊走が引き起こされた;ホールセルパッチングにより、電界中での細胞膜脱分極が明らかに示された;EGTAで細胞カルシウムをバッファリングすると電界による遊走は生じなくなる、と報告している。

ばく露