[18 GHzの電磁界によるグラム陽性球菌での透過性の誘導] med./bio.

18 GHz electromagnetic field induces permeability of Gram-positive cocci.

掲載誌: Sci Rep 2015; 5: 10980

この研究は、4種の球菌(Planococcus maritimus KMM 3738、Staphylococcus aureus CIP 65.8(T)、S. aureus ATCC 25923、S. epidermidis ATCC 14990(T))に18 GHzの電磁界EMF)をばく露して、細菌の膜の透過性への影響を調べた。透過性は透過型電子顕微鏡による観察、ヨウ化プロピジウムアッセイ、シリカ・ナノ粒子取り込み試験により評価した。その結果、EMFばく露後の最短でも9分間は透過性が維持されていた;すなわち、23.5 nmのナノ粒子は全ての菌株で内在化していたが、46.3 nmのナノ粒子は菌株によって内在化率が異なった(0から80%まで)、などを報告している。

ばく露