研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ニワトリ絨毛尿膜での血管新生に対するグリチルリチン酸と低周波電磁界の相乗効果] med./bio.

The synergic effect of glycyrrhizic acid and low frequency electromagnetic field on angiogenesis in chick chorioallantoic membrane.

掲載誌: Avicenna J Phytomed 2015; 5 (3): 174-181

この研究は、ニワトリ絨毛尿膜での血管新生に対してグリチルリチン酸と低周波磁界LF-MF:50Hz、200ガウス)の相乗効果の有無を調べた。ニワトリの有精卵(n=44)を4群に分けた:対照群(実験の第8日目にジメチルスルホキシド投与)、第1実験群(第10日目にLF-MFばく露)、第2実験群(第8日目にグリチルリチン酸1mg/ml投与)、第3実験群(第8日目にグリチルリチン酸1mg/ml投与+第10日目にLF-MFばく露)。実験第12日目に絨毛尿膜を摘出して試料を作成し、血管の数と長さを測った。その結果、血管数の平均は、対照群に比べ第1、3実験群で有意差がなかった;血管の長さは、対照群に比べ第1、3実験群で有意に短かった;第2実験群では、血管の数も長さも対照群に比べ小さかった、と報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

研究助成