研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[胎児期の磁気共鳴画像撮影:ばく露時間と就学前年齢での機能への影響] epidem.

Fetal magnetic resonance imaging: exposure times and functional outcomes at preschool age.

掲載誌: Pediatr Radiol 2015; 45 (12): 1823-1830

この研究は、胎児期の1.5T 磁気共鳴画像撮影(単発高速スピンエコー法;妊娠第2または3期)が就学前の発達に与える影響を前向き観察調査した。平均妊娠30.5±3.1週に胎児のMRI検査を受けた健康な72人の妊婦の胎児コホートに設定し、MRIスキャン時間、出生前後の臨床データを予め収集した。出生した小児(女児43%)を追跡し、平均月齢24.5 ± 6.7月で発達テスト(Vineland適応行動尺度(VABS))を実施した。その結果、全ての胎児は適正な妊娠月数で出生し、適正な出生時体重であった;全ての小児は、VABSのコミュニケーション、日常生活、社会性、運動スキルの領域でその年齢に相応しいスコアを獲得した;さらに新生児期の耳音響放射テスト、就学前年齢での聴力検査に合格した;MRI検査の時期およびスキャンばく露時間と小児の機能および聴覚の異常とに関連は無かった、と報告している。

ばく露