[慢性片頭痛の治療における第2-3頸椎間神経後枝内側枝へのパルス無線周波療法の有効性:無作為化、対照ありの二重ブラインド試験] med. app.

Efficacy of Pulsed Radiofrequency on Cervical 2-3 Posterior Medial Branches in Treating Chronic Migraine: A Randomized, Controlled, and Double-Blind Trial.

掲載誌: Evid Based Complement Alternat Med 2015: 690856

この研究は、慢性頭痛(CM)の治療における第2-3頸椎間の脊髄神経後枝内側枝へのパルス無線周波療法(PRF)の有効性と安全性について、無作為化、対照ありの二重ブラインド試験を実施した。CMの患者(n=40)を無作為に、PRF処置群と擬似処置群の2群に分けた。介入の1、2、6ヵ月後に、頭痛の強さ、持続期間、片頭痛評価質問票による障害度スコア、患者が必要としたアスピリンの服用量を評価した。その結果、全ての追跡期間中、PRF処置群は、擬似処置群およびベースライン値に比べ、頭痛の強さ、持続期間、障害度スコア、アスピリン服用量が有意に改善された;重大な副作用は無かった、と報告している。

ばく露