研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ナノ秒パルス電界はヒト骨肉腫の増殖を阻害し、アポトーシスを誘導する] med./bio.

Nanosecond pulsed electric field inhibits proliferation and induces apoptosis in human osteosarcoma.

掲載誌: J Orthop Surg Res 2015; 10: 104

このイン・ビトロ研究は、ヒト骨肉腫細胞MG-63に対するナノ秒パルス電界(nsPEF)の抗腫瘍効果を調べた。電界強度0, 10, 20, 30, 40, 50kV/cmのnsPEFを異なるパルス数(0, 6, 12, 18, 24, 30発)与え、そのnsPEF処置からの異なる経過時間(0, 3, 12, 24, 48時間)後に細胞の増殖およびアポトーシス誘導を検査した。その結果、nsPEF処置により細胞の増殖抑制誘導され、その効果には印加した電界強度およびパルス数への依存性が見られた;電界強度40kV/cm、パルス個数30発の処置から24時間後の時点で、アポトーシスの出現頻度が最も高率であった、と報告している。

ばく露