研究のタイプ: レビュー (治療に関する研究)

[変形性膝関節症の疼痛緩和のための電気的刺激:系統的レビューおよびネットワークメタ解析] review

Electrical stimulation for pain relief in knee osteoarthritis: systematic review and network meta-analysis.

掲載誌: Osteoarthritis Cartilage 2015; 23 (2): 189-202

この論文は、膝の変形性関節症(OA)の患者の疼痛緩和に対する種々の電気刺激(ES)の有効性を調べた無作為化対照試験を文献データベースから抽出し、ベイジアンネットワークメタ分析法を用いて治療有効性の証拠を統合した。結果として、27件の試験、6種類のESが分析に含まれた;それらは、高周波の経皮的電気神経刺激(h-TENS)、低周波の経皮的電気神経刺激(l-TENS)、神経電気刺激(NMES)、干渉電流(IFC)、パルス波電気刺激(PES)、非侵襲相互作用的神経電気刺激(NIN)であった;IFCが膝のOAの疼痛緩和法として最も有望に見えるが、試験間の非一様性、それぞれの試験の規模の小ささのため、証拠には限界が見られた;他のESの推奨レベルは、不確か(h-TENS)あるいは十分でない(l-TENS、NMES、PES、NIN)であったと報告している。

影響評価項目

ばく露