研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[フランス海軍におけるレーダへの職業ばく露に関する最初の疫学調査:26年間のコホート研究] epidem.

First epidemiological study on occupational radar exposure in the French Navy: a 26-year cohort study.

掲載誌: Int J Environ Health Res 2016; 26 (2): 131-144

この後ろ向きコホート研究は、フランス海軍の水上艦に勤務した軍人57,000人における死亡とその死因を、1975−2000年の期間で観察した。レーダへの潜在的ばく露レベルの異なる2群(レーダ群、対照群)の間で、死亡率および特定の死因を比較した。職業ばく露は、艦上の作業場所(レーダ群、対照群)に応じて定義した。その結果、年齢調整した死亡率は、全死因では両群に差がなかった(RR=1.00(95%信頼区間(CI):0.88-1.14)):新生物による死亡は、RR=0.92(95% CI: 0.69-1.24)であった;部位別のがんの死亡数は少なかった、と報告している。

ばく露