[極性分子の反応における誘電分極と電気変位] tech./dosim.

Dielectric polarization and electric displacement in polar-molecule reactions.

掲載誌: J Phys Chem A 2015; 119 (33): 8898-8902

の研究は、液相中の極性分子の反応における誘電分極について理論的に検討した。粒子の電気泳動の式であるスモルコフスキーの式を改変して適用して分極の解析式を導出した。その結果、極性分子反応における分極の式は、デバイのモデルから導出された式とは全く異なる:速い反応では、比誘電率の概念が存在せず、誘電的挙動は時間領域のみで解析できる一方、遅い反応では、比誘電率が濃度依存的になる、などを報告している。

ばく露