[大うつ病でのtDCSおよびセルトラリン処置後の可溶性TNF受容体1および2の血漿レベル:SELECT-TDCS試験の結果] med. app.

Plasma levels of soluble TNF receptors 1 and 2 after tDCS and sertraline treatment in major depression: results from the SELECT-TDCS trial.

掲載誌: J Affect Disord 2015; 185: 209-213

この研究は、うつ病治療のためのセルトラリンおよび経頭蓋直流電流刺激tDCS)の臨床研究(SELECT-TDCS試験)の一環として、抗うつ薬を服用していない単極性うつ病患者(n=73:うつ病エピソードは最低でも中等度)を対象に、セルトラリンおよびtDCS療法後における可溶性TNF受容体1および2(sTNFRs)の血漿レベルの変化を調べた。その結果、両者とも抗うつ効果を示したが、そのような臨床反応にも拘らず、sTNFRsの血漿レベルは全ての時間にわたって変化しなかった、と報告している。

ばく露