研究のタイプ: サーベイ (治療に関する研究)

[ニューロンの問題:神経組織の電気刺激はニューロンと電界との相互作用に依存する] review

Neuron matters: electric activation of neuronal tissue is dependent on the interaction between the neuron and the electric field.

掲載誌: J Neuroeng Rehabil 2015; 12: 65

この論文は、ニューロン電気刺激メカニズムにおけるニューロン電界との相互作用の重要性を論じている。ニューロン電界との相互作用とは、2段階からなり、電界中にニューロンが置かれると、まず、電気的に誘導された膜内外電位差(ITP)が重畳されて静止膜電位が変化し、次に、これにより外部電界が擾乱されて細胞が再分布する、という。実験およびモデル計算による実証結果をレビューすると、このような細胞電界の相互作用こそ、電気および磁気刺激下での神経組織の最終的な分極の決定に重要な役割を果たすと述べている。神経組織の不均一な電気的特性が、この相互作用と細胞の分極に影響を与えており、これらの点を考慮した物理的モデリングと工学的モデリングとの組み合わせによる新しい方法を示し、神経の電流刺激の正確で定量的理解の可能性について考察している。

影響評価項目

ばく露