研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[nsPEFによる電気穿孔におけるパルス反復率の役割:生物学および数値計算による研究] med./bio.

The Role of Pulse Repetition Rate in nsPEF-Induced Electroporation: A Biological and Numerical Investigation.

掲載誌: IEEE Trans Biomed Eng 2015; 62 (9): 2234-2243

この研究は、ナノ秒パルス電界(nsPEFs)による哺乳類細胞での電気穿孔(EP)の調節におけるパルス反復率(PRR)の影響を生物学的および数値計算的に分析した。パルス幅40ナノ秒のnsPEFs(振幅:0.5または1.3MV/m、PRR:2-30Hz)
ばく露した後のJurkat細胞の形質膜透過性および生存力を分析した。また、有限要素モデルを用いて同じパルス条件下の細胞1個におけるEP動力学を解析し、膜電位および穿孔密度の時間変化をナノ秒スケールで調べた。その結果、生物学的測定では、PRRが低くなるとEPの増加と生存力の低下が見られた;数値計算では、PRRの違いにより原形質膜応答に異なる動態が生じることが示され、このことは別の研究グループが最近提案した仮説電気感受性化)の現象と一貫していた、と報告している。

ばく露