[マダガスカルオオゴキブリをロボット化したBiobotにおける移動指示の有効な刺激パラメータ] tech./dosim.

Effective Stimulus Parameters for Directed Locomotion in Madagascar Hissing Cockroach Biobot.

掲載誌: PLoS One 2015; 10 (8): e0134348-1-e0134348-22

この研究は、捜索救助作業への利用可能性が提案されている無線電子装置を背負わせた昆虫(バイオボットと称する)の開発の前段として、マダガスカルオオゴキブリが、触覚および尾葉(腹部にある気流感覚器)の刺激に応答して、期待された経路で歩行するように誘導するために最も効果的な刺激パルスのパラメータを探索した。電界パルスのタイプ(単極または双極、電圧制御または電流制御)、振幅、周波数、パルス幅を変化させた実験を行った。その結果、双極性で2V、50Hz、0.5秒の電圧制御パルスが、試験したゴキブリの約半数において、前進および目指した通りの方向転換を引き起こさせるために最適のものであることが確認された、などいくつかの所見を報告している。

ばく露