研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[定常的な静電界の生気象学的重要性] review

The Bioclimatological Importance of the Constant Electrostatic Field.

掲載誌: Zentralbl Bakteriol Orig B 1973; 157: 115-130
Journal not peer-reviewed

この論文は、2種類の非特異的な活性化(高速配向反応、警戒レベルの緩慢な変化)の制御におけるヒト前頭葉(主に内側基底部)の役割を調べた。健常者92人および前頭葉および脳のその他の部位に病変がある患者202人を観察した。定位反射の異なる成分を、急速な活性化の指標に用いた;脳電図(EEG)の波形の緩慢な変化を、緩慢な活性化の指標に用いた。その結果、前頭葉の内側基底部がどちらの活性化に対しても重要な調整役であることが示された。

ばく露

ばく露の詳細情報なし

ばく露を受けた生物:

影響評価項目

ばく露