[反復的経頭蓋磁気刺激の異なるプロトコルにより誘導されるLTP様活性に対するHRAS突然変異の特異的効果] med. app.

Differential Effects of HRAS Mutation on LTP-Like Activity Induced by Different Protocols of Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation.

掲載誌: Brain Stimul 2016; 9 (1): 33-38

この研究は、コステロ症候群(CS:HRAS 遺伝子の先天異常疾患)の患者(n=4)と年齢をマッチさせた健常対象者(n=21)を対象に、2種類の反復的経頭蓋磁気刺激プロトコル(連合性ペア刺激法(PAS)、断続的シータバースト刺激法(iTBS))の運動皮質興奮性に対する事後影響を比較した。これによりHRAS突然変異の有無が2つのプロトコルの影響の違いに関連するか否かが検討された。その結果、CS患者群では、iTBSが関連するLTP様現象の欠失とPAS誘導性の事後影響の増強が特徴的にみられた;このことは、HRAS依存性シグナル伝達経路が、PASおよびiTBSによる神経の可塑性に異なる影響を持つことを示している、と報告している。

ばく露