[イモリの初期発育異常を磁気遮蔽は引き起こす] med./bio.

Magnetic shielding induces early developmental abnormalities in the newt, Cynops pyrrhogaster.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1991; 12 (4): 215-224

日本イモリ(Cynops pyrrhogastert)の発育を通常の地磁気(30-60uT)より10, 000倍弱い静磁界のシールド環境で5日間実験した。実験後1-20日に発育の異常があるかどうか調べた。磁界シールド群では、特に20日間後に、体細胞異常が見られた。腸の突出は対照群では見られなかった。他の異常は脊椎の湾曲、目の異常形成、発育の遅延などであった。これは発育段階の動物おける磁界の影響を説明した初めての研究である。

ばく露

関連論文