[tDCSでのMEP調節に関与する皮質領域の研究] tech./dosim.

Investigating the cortical regions involved in MEP modulation in tDCS.

掲載誌: Front Cell Neurosci 2015; 9: 405-1-405-11

この研究は、一次運動野経頭蓋直流電流刺激tDCS)により誘発される皮質興奮性変化の評価に経頭蓋磁気刺激TMS)が用いられることに関連したものである。これら2つの技術による誘導電界空間分布の特性を明らかにするために、人体頭部のリアルモデルにおいて、TMSおよびtDCSでの誘導電界分布を有限要素法で計算した。TMSは、運動野の手の領域(HK)上方の頭蓋上に8の字コイルを当てた場合、バイポーラtDCSは、一方の電極をHKに、回収電極を反対側眼窩領域におく配置で、極性を変えた2つの場合で計算した。その結果、TMSおよび2つのtDCSでHKに誘導された電界は、大きさも方向も異なっていた;TMSで運動前野に誘導された電界の大きさは運動誘発電位MEP)発生閾値と考えられている100V/mを大きく下回った;tDCSで運動前野に誘導された電界の大きさはHKでのものと同等で、皮質表面種直成分が大きかった、と報告している。

ばく露