[DLPFCの標的化:対称的両頭側の経頭蓋直流刺激(tDCS)で左背外側前頭前皮質を標的とするための非ニューロナビゲーション的方法] tech./dosim.

The Pursuit of DLPFC: Non-neuronavigated Methods to Target the Left Dorsolateral Pre-frontal Cortex With Symmetric Bicephalic Transcranial Direct Current Stimulation (tDCS).

掲載誌: Brain Stimul 2015; 8 (3): 590-602

この研究は、経頭蓋直流刺激tDCS)での左背外側前頭前皮質(lDLPFC)の標的化のための7通りの位置決め手法により対称的両頭側電極配置を決定し、それぞれの配置の場合における脳の電流密度分布を有限要素法による6つの高解像度頭部モデル(頭部の大きさが異なる5人の脳およびMNI標準脳)で計算した。その結果、試みた位置決め手法に依存して、明らかに異なる頭蓋電極配置となり、脳内電流にも変動が生じた;変動は有意であったが、頭部モデル間および様々な電極配置にわたって傾向は同一であった;lDLPFCの電界強度を高め、相対的標的化を実現させる要因には、電極間の距離、頭蓋骨構造のより薄い部分への電極の接近度などが含まれた、と報告している。

ばく露