[経頭蓋深部磁気刺激:異なるコイル構造のモデル化] tech./dosim.

Deep Transcranial Magnetic Stimulation: Modeling of Different Coil Configurations.

掲載誌: IEEE Trans Biomed Eng 2016; 63 (7): 1543-1550

この研究は、経頭蓋深部磁気刺激(dTMS)の16通りのコイル構成による人体リアルモデルの脳内誘導電界分布の特性を明らかにした。計算には、スカラーポテンシャル有限要素法を用いた。モデルでは大脳皮質白質、前帯状皮質小脳視床視床下部、側坐核、扁桃体海馬などの構造が差別化された。その結果、 ダブル円錐形コイルおよび大きな半径の円形コイルの2つが、深部構造をより強く刺激する;この2つは、皮質表面の集束性が小さいという特性をもち、結果として無関心領域の刺激抑制効果をもたらす;両者に比べHコイルは、深部到達性が短いものの、刺激したくない部位への作用をより大きく低減する、と報告している。より適している。

ばく露