[屋内環境でのRF電力吸収についての室内電磁気学の方法論による迅速な評価] tech./dosim.

Fast assessment of RF power absorption in indoor environments by room electromagnetics theory.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2016; 171 (4): 477-482

この論文は、現実的な屋内環境中に存在する人体による無線周波電磁界吸収を迅速に評価する方法を提案した。この方法で入力が必要なのは、室内特性および人体の体重と位置のみである。正当性が立証されたFDTDシミュレーション法と今回の提案方式を、さまざまなばく露シナリオ、人体ファントムの数(1体から6体まで)において比較した。その結果、全身電力吸収は23.5から85.9µW/kgの範囲に広くばらついた;この差は確かに大きくみえるが、計算時間では圧倒的に有利である(1回の全波電磁界シミュレーションに~17.5時間を要するのに対し、提案方式では1秒未満の計算時間である)、と報告している。

ばく露