研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[メトプロロールを投与されたラットの血圧、心拍数、呼吸数に対する選択的迷走神経刺激の影響] med./bio.

Effect of selective vagal nerve stimulation on blood pressure, heart rate and respiratory rate in rats under metoprolol medication.

掲載誌: Hypertens Res 2016; 39 (2): 79-87

この研究は、雄ウィスターラット(n=10)を用いて、選択的迷走神経刺激(sVNS)の効果、特に心拍への効果に対する選択的β1阻害薬メトプロロールの影響を調べた。マイクロ加工神経刺激電極(柔軟な多チャンネルのカフ電極)を迷走神経束に取り付け、大動脈降圧神経線維を選択的に刺激した。刺激パラメータには個々の動物閾値を適用したが、その値は、周波数30-50Hz、振幅0.3-1.8mA、パルス幅0.3-1.3msの範囲にあった。血圧頸動脈内に留置したマイクロチップ・トランスデューサで、心電図は胸部誘導電極で測定した。その結果、メトプロロールを経静脈投与した後、平均動脈圧(MAP)および心拍(HR)は有意に低下した;動脈圧受容体線維のsVNSはMAPおよびHRを低下させるが、その2つの影響ははメトプロロールにより有意に軽減されたメトプロロール投与下において、sVNSは重篤な徐脈を起こさずにMAPを低下させる、と報告している。

ばく露