[走電性における弱い細胞外電界感知のためのKCNJ15/Kir4.2とポリアミンとの結合] tech./dosim.

KCNJ15/Kir4.2 couples with polyamines to sense weak extracellular electric fields in galvanotaxis.

掲載誌: Nat Commun 2015; 6: 8532

この研究は、遺伝子ノックダウン(特定の遺伝子転写量を減少させる操作)により、ヒト細胞の走電性において電界の検知に関係する遺伝子をスクリーニングした。その結果、18の遺伝子が同定された;その中でも、KCNJ15遺伝子のノックダウンは、単層創傷治癒アッセイにおける基本的な細胞運動および方向性のある遊走に影響せずに、走電性を消滅させた:Kir4.2機能を調節する、強く正に帯電した小さな分子である細胞質ポリアミンの欠乏は完全に走電性を阻害するが、その一方、細胞ポリアミンの増加は、Kir4.2に依存して走電性を増強する; KCNJ15のポリアミン結合欠損変位株 の発現は、走電性を著しく減少させた;これらを総合すると、弱い電界センシングにおいて、KCNJ15/Kir4.2がポリアミンと結合するメカニズムが示唆された、と報告している。

ばく露