研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[若齢者および高齢者における無線周波ばく露:年齢による本来の差を考慮した感受性の差異] review

Radiofrequency exposure in young and old: different sensitivities in light of age-relevant natural differences.

掲載誌: Rev Environ Health 2015; 30 (4): 323-335

この総説は、特定の年齢グループにおける無線周波電磁界RF-EMR)のリスク上昇の主張を支持する研究を文献レビューした。著者の独自の見解に基づく結論として、年齢別のRF-EMR研究では、胎児から思春期層までの若年グループ、高齢者グループ、がん患者グループにおいて特別な脆弱性の高さが示唆されている;熱メカニズム以外のメカニズムが少なくとも1つあり、それはばく露パラメータおよび年齢・健康状態が関与する細胞生理学的プロセスに依存性があるらしい、と述べている。

影響評価項目

ばく露