[一つのユニークな病理学的異常の二つの病因論的側面としての電磁過敏症と多種化学物質過敏症を特徴づけ、同定する信頼性の高い疾患バイオマーカ] med./bio.

Reliable disease biomarkers characterizing and identifying electrohypersensitivity and multiple chemical sensitivity as two etiopathogenic aspects of a unique pathological disorder.

掲載誌: Rev Environ Health 2015; 30 (4): 251-271

この研究は、電磁過敏症(EHS)と多種化学物質過敏症(MCS)の広く受け入れられる診断のための臨床クライテリアおよび客観的バイオマーカを探求するために、2009年から前向きに1216人のEHSおよび/またはMCSを自己申告する症例を臨床的および生物学的に調査している。この論文は調査参加承諾者839人のうちの適格症例727人(EHSのみ521(71.6%)、MCSのみ52(7.2%)、併発154(21.2%)、3分の2は女性、平均年齢は47歳)に基づく予備的データの報告である。その結果、高ヒスタミン血症が約40%(併発者に特に多かった)で見られた;ニトロチロシンは28%で増加していた;タンパク質S100Bは15%で増加していた;ミエリンに対する血中自己抗体は23%で検出された;Hsp27および/またはHsp70の増加は33%で見られた;24時間尿の6‐ヒドロキシメラトニン硫酸塩/クレアチニンの比率の低下(<0.8)が検査した全ての症例で見られた;パルス超音波による特殊な断層測定法で側頭葉脳血流を連続測定した結果、内包視床領域の灌流低下がEHSおよびMCSに関連した、と報告している。

ばく露

この論文に対するコメント