研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ナノ秒パルス電界ばく露後の核膜の透過亢進] med./bio.

Permeabilization of the nuclear envelope following nanosecond pulsed electric field exposure.

掲載誌: Biochem Biophys Res Commun 2016; 470 (1): 35-40

この研究は、閾値吸収量(AD)のナノ秒パルス電界(nsPEF)へのばく露中に生じる細胞膜の透過亢進についてさらに詳しく実験的に調べた。この第一義的、生理学的な生体作用には培養細胞およびその環境のタイプへの依存性があることから、細胞に特異的な経路および構造が刺激されることが示唆される。この研究では、チャイニーズハムスター卵巣(CHO)細胞の核膜に対するnsPEF(パルス幅10および600ナノ秒)の影響を調べた。nsPEF の短期的反応を観察するため、CHO細胞の核内にある2つのタンパク質ヒストン2b:H2B、増殖細胞核抗原PCNA)に蛍光標識した。その結果、核膜の透過亢進に必要なパルス数(閾値AD)での10および600ナノ秒PEFばく露後に、H2Bはクロマチンと共に核内に留まったが、PCNAは漏出した;ばく露24時間後の生存率低下も確認された、と報告している。

ばく露