[MRI中に生じる高い組織加熱がRF電磁界に及ぼす影響の検討: 腰部におけるMRgFUSに関するシミュレーション] tech./dosim.

Consideration of the effects of intense tissue heating on the RF electromagnetic fields during MRI: simulations for MRgFUS in the hip.

掲載誌: Phys Med Biol 2015; 60 (1): 301-307

この研究は、MRガイド下での集束超音波手術のような状況において生じる局所的に急峻な温度上昇(最大60℃を想定)が、組織の導電率、誘電率、MR撮像領域の磁束密度一様性B(1)、さらにはSARに与える影響を、解像度2mmの全身人体モデルを用いて3T MRIシステムについて計算した。その結果、導電率、誘電率、B(1)、SARの最大変化率はそれぞれ25%、6%、2%、20%であった、と報告している。

ばく露