[小規模なイン・ビボでの無線周波ばく露実験のためのデスクトップ型ばく露システムおよびドシメトリ] tech./dosim.

Desktop exposure system and dosimetry for small scale in vivo radiofrequency exposure experiments.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2016; 37 (1): 49-61

この研究は、マウスに最長1日24時間の十分に制御されたばく露を与える実験を可能にするために、新規のデスクトップ型反響チャンバおよびドシメトリ評価法を開発した。搬送周波数2.45GHzは、GSMUMTSRFID、WLANなどで用いられる種々の変調方式に対応可能である;平均体重25gのマウス6匹に最大 15W/kgの全身平均SARのばく露が可能;負荷条件下で信号ひずみ無しの入射電界では最大320V/mまでのばく露が可能である、と報告している。

ばく露