[ストレプトゾトシン処理ラットの糖尿病性腎症に対するパルス化超低周波磁界の影響] med./bio.

Effects of extremely low frequency pulsed magnetic fields on diabetic nephropathy in streptozotocin-treated rats.

掲載誌: Biomed Eng Online 2016; 15: 8

この研究は、成獣雄SDラットを用い、ストレプトゾトシン処理による糖尿病性腎症(DN)に対するパルス超低周波磁界(ELFPMF)の影響を調べた。実験は、対照群、DN + ELFPMF群(DNありの糖尿病ラットにELFPMFばく露を1日8時間、6週間与えた)、およびDN群(DNありの糖尿病ラットにELFPMF擬似ばく露)の3群で行った。影響評価項目は、腎臓組織光学および電子顕微鏡検査による形態的変化、血管内皮増殖因子(VEGF)Aおよび結合組織増殖因子(CTGF)の発現である。その結果、ばく露終了後に、DNありの糖尿病ラットに高血糖症の変化および体重低下は見られなかった;DNの進行に対しては、ポジティブ(進行を改善する)およびネガティブな影響が見られた、と報告している。

ばく露