[超低周波磁界による制御性T細胞の分化を調節:ROS介在性のAKT抑制作用における役割の可能性] med./bio.

Extremely low frequency magnetic fields regulate differentiation of regulatory T cells: potential role for ROS-mediated inhibition on AKT.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2016; 37 (2): 89-98

この研究は、肺転移黒色腫のマウスモデルに超低周波磁界(ELF-MFs:0.4T、7.5Hz)を1日2時間、27日間ばく露し、病巣組織への影響を調べた。また、インビトロ実験で肺転移黒色腫細胞へのELF-MFsの2時間ばく露の影響を調べた。その結果、ばく露群のマウスで、擬似ばく露群のマウスに比べ、病巣の大きさが縮小した;インビトロ実験(予め抗CD3抗体、抗CD28抗体、および形質変換増殖因子β(TGF-β)での刺激した後にELF-MFsばく露を与えた)では、全T細胞でFoxp3の発現が有意に減少した;制御性T細胞の分化率が32.0%から22.1%へ低下した;T細胞およびJurkat細胞において、活性酸素種ROS)が増加すると共に、リン酸化セリン/スレオニン・タンパク質キナーゼ(p-AKT)が抑制された;ROSスカベンジャの投与により、AKT経路の抑制が回復し、T細胞でのFoxp3の発現が18.6%から26.6%へ変化した、と報告している。

ばく露