[1750 MHz無線周波電磁界への長期ばく露下にある線虫(Caenorhabditis elegans)のゲノムワイドmRNA発現プロファイル] med./bio.

A Genome-Wide mRNA Expression Profile in Caenorhabditis elegans under Prolonged Exposure to 1750MHz Radiofrequency Fields.

掲載誌: PLoS One 2016; 11 (1): e0147273

この研究は、野生種の線虫C. elegansを幼虫L1期から成虫期までの60時間、25℃の温度を保って、1750 MHz無線周波電磁界RFSAR = 3W/kg)のばく露下に置き、成長速度、寿命対照群と比較した。また、幼虫L4期(35時間)、受胎成虫期(50時間)にRNAを両群から収集し、高スループットRNAシーケンス解析した。その結果、ばく露群と対照群は、ほぼ同じ速度で成長し、生存率曲線も同じであった;ばく露群で、対照群と異なる遺伝子発現が多少見られたが、この差は、L4期および受胎成虫期における振動する遺伝子発現パターンに帰すると思われる;長期RFばく露により線虫体内に生じる弱い熱的影響の排除は困難であった、と報告している。

ばく露