研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[低閾値求心性神経線維電気刺激は脊髄後角第Ⅱ層ニューロンに高閾値求心性入力に対する長期シナプス抑制を誘導する] med./bio.

Electrical stimulation of low-threshold afferent fibers induces a prolonged synaptic depression in lamina II dorsal horn neurons to high-threshold afferent inputs in mice.

掲載誌: Pain 2015; 156 (6): 1008-1017

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露