[マイクロ波電磁界は線虫パーキンソン病モデルにおけるα-シヌクレインの凝集にほとんど影響しない] med./bio.

Microwave fields have little effect on alpha-synuclein aggregation in a Caenorhabditis elegans model of Parkinson's disease.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2016; 37 (2): 116-129

この研究は、パーキンソン病(PD)の病理学の中心である神経細胞のα-シヌクレイン(S)凝集に対するマイクロ波電磁界の影響を調べるため、ヒトのSを発現しているトランスジェニック線虫(Caenorhabditis elegans)モデルを用いて実験を行った。ばく露条件は2種類(1.0GHz連続波、0.002-0.02 Wkg-1;1.8GHzの連続波またはGSM、1.8 W kg-1)とし、ポジティブ・コントロールには低濃度Hg2+を用いた。その結果、開発した線虫モデルは、化学的な凝集促進因子には敏感であったが、RFばく露での統計的に有意な変化は、2.5、24、96時間のばく露時間で独立的に実施した何回かの実験にわたって観察されなかった、と報告している。

ばく露