[ラットでのカルシニューリンおよび骨の発達に対する1800MHz電磁界への出生前ばく露の影響] med./bio.

The effect of prenatal exposure to 1800 MHz electromagnetic field on calcineurin and bone development in rats.

掲載誌: Acta Cir Bras 2016; 31 (2): 74-83

この研究は、新生仔ラットを1800MHz電磁界への出生前ばく露時間の異なる4群に分け、出生後60日目に骨の発達を検査した。第1群は、母ラットが無ばく露、第2、3、4群は、母ラット妊娠中20日間の毎日のばく露時間が6、12、24時間であった。その結果、出生前の毎日のばく露時間が長くなるにつれて、静止軟骨層の有意な減少、アポトーシスした軟骨細胞および筋細胞の数の有意な上昇が生じた;骨組織および筋組織でのカルシニューリン活性も低下した;大腿骨脛骨、尺骨の発達に負の影響が見られ、特に24時間ばく露群において顕著であった、と報告している。

ばく露