研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[一定で均一な電界内でC.エレガンスは独特の行動を示す] med./bio.

C. elegans demonstrates distinct behaviors within a fixed and uniform electric field.

掲載誌: PLoS One 2016; 11 (3): e0151320-

この研究は、線虫C.エレガンスの一定・均一な静電界内での行動を調べた。電界の向きと大きさを変えて、これまでに報告のある負極への電走性の行動を記録し、定量化(移動軌跡の平均アプローチ角度、旋回行動平均集団速度)した。その結果、好む電界強度以下では線虫は負極に向かって真っ直ぐに整列する;その電界強度を超えると、好ましい電界強度内(著者の算出では~ 5V/cm)での走性を維持するために、アプローチ角度を変えることが観察された。好ましい電界強度内での行動を制御する感覚ニューロンを同定するために種々の遺伝子欠損動物で実験した結果を総合し、嗅覚ニューロン(AWC)の役割が示唆された、と報告している。

ばく露