[英国警察コホートでのパーソナル無線使用に関する客観的記録と誤った自己報告の妥当性検証(エアウェイブ健康モニタリング調査)] tech./dosim.

Validation of objective records and misreporting of personal radio use in a cohort of British Police forces (the Airwave Health Monitoring Study).

掲載誌: Environ Res 2016; 148: 367-375

この研究は、2001年から徐々に英国警察に採用された地上基盤無線TETRA)のあるかも知れない長期健康影響を調査するために立ち上げられた「エアウェイブ健康モニタリング調査」の一環として、この調査に参加している警察官(n=42,112)のTETRA使用の推定法を検討した。今回の調査では、16,577人の無線使用者について、彼らの客観的使用記録(TETRAオペレータから入手)を使用の自己報告と比較した。その結果、1週間使用量データでの両者の相関係数は、通話回数はr=0.69、通話時間はr=0.59であった;客観的データに比べ、通話回数は過小報告、通話時間は過大報告され、その倍率は4および1.6であった;1日使用量データで見た場合、相関は低くなり、バイアスは高くなった、と報告している。

ばく露