[提案された土地利用のための周囲の高電圧架空送電線からの電磁界レベルの評価] tech./dosim.

Assessment of electromagnetic field levels from surrounding high-tension overhead power lines for proposed land use.

掲載誌: Environ Monit Assess 2016; 188 (5): 316

この研究は、屋外環境電磁界の観点からの新しい学校建設用地の適切性の判断について検討した。用地近辺の高電圧架空送電線からの最も電力消費が高い季節の電磁界レベル最大値を検出するため、測定月を変えて、電界および磁界を測定した(EMDEX II、電界プローブ、Linda磁界測定ホイールを使用)。その結果、学校建設用地周辺における高電圧架空送電線に伴う磁界は0.2 μTを下回り、学校建設に適していた;現存する300kV線からの安全距離は200m、132kV線では50mであった、と報告している。

ばく露