[弱い電磁界は新生仔ラット筋管初代培養でのCa移動を変化させ、低酸素症の介在による損傷から保護する] med./bio.

Weak electromagnetic fields alter Ca2+ handling and protect against hypoxia-mediated damage in primary newborn rat myotube cultures.

掲載誌: Pflugers Arch 2016; 468 (8): 1459-1465

この研究は、新生仔ラット筋管初代培養細胞に弱い磁界(1.75μT、16Hz)の30分間ばく露を与え、Caイオン移動およびクレアチンキナーゼ(CK)の放出への影響を調べた。筋形質のCaイオン濃度([Ca2+]i)をCa2+濃度測定用蛍光色素indo-1を用いて測定した。その結果、弱い磁界ばく露は、[Ca2+]iの基礎レベルには影響しなかったが、ばく露時間依存的な[Ca2+]iトランジェント振幅の減少が見られた;弱い磁界ばく露は、低酸素症(アルゴンガスの2時間ばく露により誘導した)の介在によるCK放出を阻害した、などを報告している

ばく露