研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (review/survey)

[携帯電話とがん:第3部 疫学および動物研究からの最新化された全体的結論] info

Mobile phones and cancer. Part 3. Update and overall conclusions from epidemiological and animal studies.

The Hague: Health Council of the Netherlands
2016, publication no. 2016/06: 1-98, ISBN-13 978-94-6281-098-3, ISBN-10 9462810982

これは、2016年6月1日付で、オランダ健康評議会(HCN)が公表した報告書「携帯電話がん:第3部 疫学および動物研究からの最新化した全体的結論」である。HCNはその概要を以下のように要約しています。「移動体通信および無線インターネットの急速な増加に伴い、懸念が大きくなっています。無線周波電磁界は果たして有害な健康影響をもたらし得るのでしょうか? オランダ健康評議会(HCN)は、この問題について定期的に報告書を提出しています。本日公表した報告書において、当評議会は、「携帯電話の長期的および頻繁な使用と脳または頭頚部の腫瘍に関するリスク増加の間での確立された関連は見られていない。しかし、そのような関連を完全に排除することもできない」と結論しました。したがって当評議会は、合理的に可能な限りばく露を低く保つこと、および影響について調査を継続することを推奨します。」

関連論文