[発生期に携帯電話放射ばく露したニワトリのヒナにおける社会行動テストおよび脳の磁気共鳴イメージング発生期に携帯電話放射ばく露したニワトリのヒナにおける社会行動テストおよび脳の磁気共鳴イメージング発生期に携帯電話放射ばく露したニワトリのヒナにおける社会行動テストおよび脳の磁気共鳴イメージング発生期に携帯電話放射ばく露したニワトリのヒナにおける社会行動テストおよび脳の磁気共鳴イメージング発生期に携帯電話放射ばく露したニワトリのヒナにおける社会行動テストおよび脳の磁気共鳴イメージング発生期に携帯電話放射ばく露したニワトリのヒナにおける社会行動テストおよび脳の磁気共鳴イメージング] med./bio.

Social behavioral testing and brain magnetic resonance imaging in chicks exposed to mobile phone radiation during development.

掲載誌: BMC Neurosci 2016; 17 (1): 36-

この研究は、孵卵中のニワトリ卵に携帯電話放射(900MHz)ばく露を与え、孵化したヒナの社会的行動、さらには脳の大きさ、脳の構造上の成熟度(3TのMRIで検査した)への影響を調べた。孵卵器に入れて4日目に、正常発達しているニワトリ胚(n=76)を、ばく露群(n=37)と対照群(n=39)に分け、ばく露群には4日目から19日目まで毎日10時間/日の携帯電話放射を与えた。孵化から4日目に、ヒナの行動テストと脳のMRI検査を実施した。その結果、対照群に比べばく露群では、集合反応の遅延、所属欲求の低下、および啼鳴の減弱化が有意であった;小脳を除いて、脳の大きさと構造成熟度には有意差がなかった;小脳ばく露群の方が有意に小さかった;孵化率および異形成発生率には有意差がなかった、と報告している。この研究は、孵卵中のニワトリ卵に携帯電話放射(900MHz)ばく露を与え、孵化したヒナの社会的行動、さらには脳の大きさ、脳の構造上の成熟度(3TのMRIで検査した)への影響を調べた。孵卵器に入れて4日目に、正常発達しているニワトリ胚(n=76)を、ばく露群(n=37)と対照群(n=39)に分け、ばく露群には4日目から19日目まで毎日10時間/日の携帯電話放射を与えた。孵化から4日目に、ヒナの行動テストと脳のMRI検査を実施した。その結果、対照群に比べばく露群では、集合反応の遅延、所属欲求の低下、および啼鳴の減弱化が有意であった;小脳を除いて、脳の大きさと構造成熟度には有意差がなかった;小脳ばく露群の方が有意に小さかった;孵化率および異形成発生率には有意差がなかった、と報告している。この研究は、孵卵中のニワトリ卵に携帯電話放射(900MHz)ばく露を与え、孵化したヒナの社会的行動、さらには脳の大きさ、脳の構造上の成熟度(3TのMRIで検査した)への影響を調べた。孵卵器に入れて4日目に、正常発達しているニワトリ胚(n=76)を、ばく露群(n=37)と対照群(n=39)に分け、ばく露群には4日目から19日目まで毎日10時間/日の携帯電話放射を与えた。孵化から4日目に、ヒナの行動テストと脳のMRI検査を実施した。その結果、対照群に比べばく露群では、集合反応の遅延、所属欲求の低下、および啼鳴の減弱化が有意であった;小脳を除いて、脳の大きさと構造成熟度には有意差がなかった;小脳ばく露群の方が有意に小さかった;孵化率および異形成発生率には有意差がなかった、と報告している。この研究は、孵卵中のニワトリ卵に携帯電話放射(900MHz)ばく露を与え、孵化したヒナの社会的行動、さらには脳の大きさ、脳の構造上の成熟度(3TのMRIで検査した)への影響を調べた。孵卵器に入れて4日目に、正常発達しているニワトリ胚(n=76)を、ばく露群(n=37)と対照群(n=39)に分け、ばく露群には4日目から19日目まで毎日10時間/日の携帯電話放射を与えた。孵化から4日目に、ヒナの行動テストと脳のMRI検査を実施した。その結果、対照群に比べばく露群では、集合反応の遅延、所属欲求の低下、および啼鳴の減弱化が有意であった;小脳を除いて、脳の大きさと構造成熟度には有意差がなかった;小脳ばく露群の方が有意に小さかった;孵化率および異形成発生率には有意差がなかった、と報告している。この研究は、孵卵中のニワトリ卵に携帯電話放射(900MHz)ばく露を与え、孵化したヒナの社会的行動、さらには脳の大きさ、脳の構造上の成熟度(3TのMRIで検査した)への影響を調べた。孵卵器に入れて4日目に、正常発達しているニワトリ胚(n=76)を、ばく露群(n=37)と対照群(n=39)に分け、ばく露群には4日目から19日目まで毎日10時間/日の携帯電話放射を与えた。孵化から4日目に、ヒナの行動テストと脳のMRI検査を実施した。その結果、対照群に比べばく露群では、集合反応の遅延、所属欲求の低下、および啼鳴の減弱化が有意であった;小脳を除いて、脳の大きさと構造成熟度には有意差がなかった;小脳ばく露群の方が有意に小さかった;孵化率および異形成発生率には有意差がなかった、と報告している。この研究は、孵卵中のニワトリ卵に携帯電話放射(900MHz)ばく露を与え、孵化したヒナの社会的行動、さらには脳の大きさ、脳の構造上の成熟度(3TのMRIで検査した)への影響を調べた。孵卵器に入れて4日目に、正常発達しているニワトリ胚(n=76)を、ばく露群(n=37)と対照群(n=39)に分け、ばく露群には4日目から19日目まで毎日10時間/日の携帯電話放射を与えた。孵化から4日目に、ヒナの行動テストと脳のMRI検査を実施した。その結果、対照群に比べばく露群では、集合反応の遅延、所属欲求の低下、および啼鳴の減弱化が有意であった;小脳を除いて、脳の大きさと構造成熟度には有意差がなかった;小脳ばく露群の方が有意に小さかった;孵化率および異形成発生率には有意差がなかった、と報告している。

ばく露

研究助成