[公衆ホットスポット用の無線モデムへのばく露による脱髄性症状の再燃] basics

Exacerbation of demyelinating syndrome after exposure to wireless modem with public hotspot.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2016; 35 (4): 393-397

この論文は、西ナイル熱ウイルス感染(2003年、米国コロラド)による脊髄軸索損傷の障害を持つ女性(48歳)が2014年に、11年前の感染時と同じような急性症状(焦点発作運動失調めまい頭痛など)を突然発症した症例の報告である。何も新たな感染はないことが確認された。原因を探したところ、アパートの彼女の部屋の階下の部屋で、個人使用および公衆ホットスポット使用(著者は公衆ホットスポット使用時に電波が最長100mまで届くことを懸念している)兼用の無線モデムが取り付けられていたので、それを撤去してもらったところ、急性症状は消失した;その後、別の隣人が同種のモデムを設置し、彼女は再度、症状を訴えた;この症例の解釈として、西ナイル熱ウイルス神経系を侵害したのと同様の経路で、モデムからの無線周波電磁界神経系を侵害する可能性を述べている。

ばく露