[修復用アマルガムからの水銀放出へのWi-Fi装置からの無線周波放射の影響] dev./impl.

Effect of radiofrequency radiation from Wi-Fi devices on mercury release from amalgam restorations.

掲載誌: J Environ Health Sci Eng 2016; 14: 12-

この研究は、抜歯したヒト小臼歯(n=20:う蝕無し)の頬側側面にV級窩洞アマルガム修復を作成し、それらの歯をばく露群と対照群に無作為に分けた(n=10)。ばく露には2.4GHzのWiFiルータを用いた。ルータと歯の標本との距離は30cm、ルータとデータ通信するラップトップコンピュータとの距離は20mとして、WiFiルータからの無線周波電磁放射に20分間ばく露した。実験後、歯を浸した人工唾液中の水銀濃度を冷蒸気原子吸光法で測定し、両群のデータを比較した。その結果、対照群に比べ、ばく露群での水銀濃度は有意に高かった、と報告している。

ばく露