[ラットの血液学的パラメータに対する静電界へのイン・ビボおよびイン・ビトロばく露の影響] med./bio.

Effect of in vivo and in vitro exposure to electrostatic field on some hematological parameters in rats.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2016; 37 (8): 513-526

この研究は、ラット血液学的パラメータへの静電界ばく露の影響を調べるため、イン・ビボおよびイン・ビトロばく露実験を行った。イン・ビボ実験では、ラット静電界(200kV/m)の短期ばく露(1時間)および長期ばく露(6日間、6時間/日)を行った。イン・ビトロ実験では、無傷のラットから採取した血液静電界に1時間ばく露した。血液パラメータは専用分析器で、白血球(WBC)のDNA損傷はコメットアッセイで検査した。その結果、血液細胞の数への静磁界の影響は、主にWBCおよび血小板で見られた;WBCの損傷は、イン・ビボおよびイン・ビトロばく露の両方で見られた;WBC数の増加は骨髄によるWBCの代償性動員の結果であるかも知れない;赤血球の数および関連パラメータは、静磁界ばく露により若干変化した;全ての影響は、ばく露終了から14日間のうちに消失した、と報告している。

ばく露