[B16F10メラノーマでのp-CREBおよびMITF信号伝達によるメラニン生成の超低周波電磁界ばく露による活性化] med./bio.

The activation of melanogenesis by p-CREB and MITF signaling with extremely low-frequency electromagnetic fields on B16F10 melanoma.

掲載誌: Life Sci 2016; 162: 25-32

この研究は、B16F10メラノーマ細胞でのメラニン生成が特定周波数の超低周波電磁界(ELF-EMFs)によって刺激されるか否かを実験的に調べた。その結果、60-75HzのELF-EMFがメラニン合成を増加させること;それには、B16F10細胞でのERKリン酸化阻害、CREBの活性化、MITF増加を介したチロシナーゼおよびチロシナーゼ関連タンパク質1(TRP-1)発現活性化が関連することが示されたと報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露