研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (実際的研究)

[どの程度離れたら十分か?:ドイツでの超高圧送電線の安全性認知および受容] risk

How far is how far enough? Safety perception and acceptance of extra-high-voltage power lines in Germany.

掲載誌: J Risk Res 2018; 21 (4): 463-479

この研究は、地域住民からの標本440人を対象に、2 × 2要因オンライン実験を行った。第1要因はプレコーション措置に関する情報、第2要因はばく露情報である。ばく露については、超高圧送電線電磁界EMFばく露の家庭内で測定される全てのEMFばく露に対する比率が情報として提供された。調査結果として、ばく露情報は安全距離および受容距離のどちらにも有意な影響をもたなかった;プレコーション措置情報は相殺効果をもたらした。すなわち、平均で見ると、プレコーション措置情報を提供されなかった人に比べ、提供された人の方が自宅からのより長い距離を要求した。その一方、プレコーション措置情報は受容の信念に対してポジティブな効果も示した。すなわち、平均的に見て、プレコーション措置情報を提供された人は、限度値遵守が送電線建設同意のために十分であるという主張をあまり否定しなかった、と報告し、このような矛盾を含む知見の解釈について議論している。

リスク認知

影響評価項目

ばく露

調査対象集団

440 participants from Germany took part in a survey.