研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[25年間の生体電磁気学研究プログラムからの教訓と展望] review

Lessons and perspectives from a 25-year bioelectromagnetics research program.

掲載誌: Int J Environ Res Public Health 2016; 13 (10): E950-

この総説論文は、著者の所属するオーストラリアのメルボルンにあるスウィンバーン工科大学の生体電磁気学研究グループの25年間の研究について解説している。主に調査された影響評価項目は、神経生理学的および神経心理学的な影響、細胞カルシウムレベルの変化、細胞増殖遺伝毒性であった;ほとんどの研究は電磁界による有意な変化を証明しなかった;いくつかのパイロット研究で示された有意な変化もほとんどが追跡研究で再現されなかったと総括した。結論として、この研究分野の特徴は、「可能性のある相互作用メカニズムが理解されていない中で、ノイズの多いデータから小さな変化を明白に同定するようなもの」であることが強く示された;その一方、金属インプラント周辺電磁界、過酷な環境条件下の電磁界およびテラヘルツ周波数電磁界ばく露する労働者などに関する数学的モデル研究は、知識データベースの拡充を続けていると述べている。

影響評価項目

ばく露