[1800MHz電磁放射ばく露後の海馬の幹細胞および前駆細胞増殖による年齢依存性の急性影響] med./bio.

Age-dependent acute interference with stem and progenitor cell proliferation in the hippocampus after exposure to 1800 MHz electromagnetic radiation.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2016: 158-166

この研究は、発達中の脳での細胞死および細胞増殖に対する1800MHz電磁界ばく露の影響を調べるために、出生から7日目(P7)および21日目(P21)の健康な昆明マウスを無作為にばく露群と対照群に分け、ばく露群には1日8時間の1800MHz電磁界ばく露を3日間継続して与えた。毎回ばく露セッションの1時間前にチミジン類似体ブロモデオキシウリジンBrdU)を腹腔内投与し、3回目のばく露終了から24時間後に海馬組織を摘出し、歯状回での細胞死および増殖マーカ免疫組織化学的に測定した。その結果、P7およびP21のマウスの海馬歯状回での細胞死へのばく露の影響は見られなかった;海馬基底細胞層の増殖はP7の方がP21より大きかった;P7の対照群に比べ、P7ばく露群では海馬神経幹細胞および前駆細胞でのDNA合成が活性化したが、細胞分裂は低下し幹細胞の総数が減少した;P21マウスでは細胞増殖への有意な影響は見られなかった、と報告している。

ばく露

研究助成