[幼稚園児における無線周波電磁界ばく露] tech./dosim.

Radiofrequency-electromagnetic field exposures in kindergarten children.

掲載誌: J Expo Sci Environ Epidemiol 2017; 27 (5): 497-504

この研究は、オーストラリアのメルボルンの幼稚園(n=20)での無線周波電磁界RF-EMF)の環境ばく露測定、その中の園児(n=10)での個人ばく露測定を行った。測定データは88MHzから5.8GHzまでの16周波数バンドについて計算された。その結果、16バンドのうち、環境ばく露の高い方から3つをあげると、GSM900MHzダウンリンク:82mV/m、UMTS2100MHzダウンリンク:51mV/m、GSM900 MHzアップリンク:45mV/mであった;個人ばく露の高い方から3つをあげると、GSM900MHzダウンリンク:50mV/m、UMTS2100 MHzダウンリンク、GSM900MHzアップリンクおよびGSM1800MHzダウンリンク:20mV/m、FMラジオ、Wi-Fi2.4GHzおよび地上波デジタルテレビ放送(DBB-T):10 mV/mであった;環境ばく露中央値は、179mV/m(全バンド合計)、123mV/m(携帯電話ダウンリンクバンド合計)、46mV/m(携帯電話アップリンクバンド合計)、16mV/m(Wi-Fi2.4GHz)であった;個人ばく露中央値は同順で、81mV/m、62mV/m、21mV/m、9mV/mであった;概して、個人ばく露より環境ばく露の値が高かった、と報告している

ばく露

この論文に対するコメント